読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々はぁ豊か

気の向くままに日々の思考を言葉にします。

人生 8975日目

がっちゃんです

 

 

この投稿からフェイスブック投稿やめてるので読んでくれてるあなたはなかなかの変人です笑

 

 

きっと僕とご縁の深い変人さんですね。

 

 

「変人とは、変わった人であり、そして世界を変える人である」

by世界を変えてきた変人さん

 

 

僕もあなたも変人です。

 

 

 

 

タイトルも少し変えました。

僕が生まれてから経過した日数です笑

 

 

日数計算(日付−日付) - 高精度計算サイト

 

このサイトで生まれてからの日数計算できるのでみんなやってみてください笑

 

 

8975日生きてきたのか〜

感慨深いですね〜

 

 

 

他にも色々調べることができて、

僕の10000日目の誕生日は

 

 

2020年3月4日

 

 

みたいなので、この日になんかやります笑

 

 

東京オリンピック

27歳になってる

どこにいるのかなー

都会が盛り上がる時だからこそ田舎で盛り上がってたいなー

 

 

 

毎日を豊かに生きていきましょう。

 

 

 

 

 

f:id:uzumaku:20170514161938j:image

 

僕が、“時間”とか“生きる”とかを意識し始めるきっかけになった映画。

 

アバウトタイム〜愛おしい時間について〜

 

 

 

僕映画観るのは好きなんですけど、99%の映画は観た次の日にはだいたい内容忘れてます笑

 

 

この映画飛行機の中で観たんですけど、感銘受けすぎて飛行機の中で号泣。

 

 

 

「え、この人めっちゃ泣いてる」みたいな感じでCAさんに二度見された。

 

 

 

 

映画のオススメ聞かれた時はいつもオススメしてます。

てかこれしか覚えてないから他にオススメのしようがない。

 

 

 

このブログ読んでくれてる稀有な存在の皆さま、是非ご覧になってください。

 

 

「お父さん、そういうことだったのね」

 

という感想をきっと抱くと思います。

 

 

 

生きることがきっと愛おしくなります。

そして人生が楽しくなるか苦しくなるかは全て自分次第ということを思い出させてくれる素敵な映画です。

 

 

 

 

映画紹介になっちゃった。

 

 

 

 

 

 

今日は母の日ですね。

 

母の日だから感謝するのではなく、日々ありがたいと思えたら豊かですね。

 

誕生日だから祝福するのではなく、毎日を祝福できたら豊かですね。

 

 

 

 

僕の母はとても偉大な人なんですよ。

人間として尊敬してます。

 

 

 

自然体で、

だいたい笑ってて、

お金がなくても出し惜しみせず、

自分にも他人にも正直で、

大きなものに巻かれることなく、

でも何かと争うこともなく、

その瞬間の出来事を受け入れることができ、

そして人が自然と集まる人。

 

 

 

あとはだいたい抜けてる。

だからイラっとするのも母親に対してくらい。

 

 

たまに父と妹。

 

 

 

身近な存在だからこそイラっとできるんでしょうね。

 

 

 

 

僕、自分を産んでくれた人を大切にできるかどうかってとても重要なことだと思ってて、

 

 

 

道徳的に重要ということではなく、人生を歩んでいくうえでとても重要だと思ってて

 

 

 

 

要は、“自信”に関わってくるんですけど、

 

 

 

 

「私は自信がない」って言う人いるじゃないですか、

 

 

 

まあ色んな要因で自信がない状態になってると思うんですが、

 

 

 

 

その要因のひとつに「産んでくれた親を大切にできない」、「親が嫌い」ってのがあると思います。

 

 

 

 

僕らはすべからく皆、父親なる存在と母親なる存在の遺伝子を半分ずつ受け継いで存在してるわけで、ひとりひとりの中にその両親の一部が組み込まれてるじゃないですか。

 

 

 

 

 

だから、「親を大切にできない」、「親が嫌い」ってのは、自分の中に生きてる一部を大切にできない、嫌い、ってことに繋がると思うんですよ。

 

 

 

“自信”って、文字通り“自分を信じれること”だと僕は思ってます。

 

 

 

そして、“信じれる”ってのは、大切にできる、好きである、愛せる、ってことにも繋がると思います。

 

 

 

 

人のことを束縛してしまう人は、相手のことを信じてないんですよねきっと。

 

 

 

 

「自分がいないと相手がダメになる」って思うのも束縛のひとつで、相手から生きるエネルギーを奪いますよね。

 

 

 

 

信じることができていれば、自分のそばを離れても大丈夫だって思えるし、手放すこともできる。

 

 

 

 

放任って、とても大きな愛情表現のひとつだと思います。

 

 

 

放って任せる。

もちろんある程度までは色々と教えてあげる必要があると思います。

 

 

 

 

でも、だいたいのラインを超えたら、あとは口出しせずに静かに見守ってあげることで、「あなたは私がいなくても大丈夫だよ」っていう無言のメッセージが自然と相手に伝わると思います。

 

 

 

 

 

何かを信じるってのは物凄いエネルギーを生み出します。

 

 

宗教もそれぞれの何かを信じて大切にしてます。

 

 

 

逆を言えば、信じることができないっていうのも物凄いエネルギーを生み出します。

 

 

 

「そうではない」と信じることだから。

 

 

 

 

だから親のことを大切にできないことは、自分の根本的なところを信じることができないことに繋がるんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

 

まぁ親子関係ってのはそれぞれの家庭で色んな事情があって一概には言えないんですが、

 

 

 

別に親のことを好きになったほうが良いってことでもないんですよね多分。

 

 

 

 

親のことが嫌いでも、「親なんか嫌いだ」って思うことができるのは、産んでくれた親がいてくれたからそう思えるわけで、産んでくれたことに対して感謝できれば根本に感謝してるからなんか良い感じじゃないですかね笑

 

 

 

 

あー思考を言葉にするのエネルギー使うー笑

 

 

 

 

 

あともういっこ!

自信ない人って思ってる人の特徴!

 

 

 

日本のこと知らない!または嫌い!

自分の生まれた国のこと知らないでどこからエネルギー湧いてくるんですかね!

 

 

 

日本の神話!

日本の歴史!

自分たちのルーツ!アイデンティティ

今年で日本2677年目!

 

 

 

自分の国のことを愛してるって言って変な感じになる日本はどうなんですか?

 

 

 

自分の生まれた国のことをきちんと知ろうとするのは大切だと留学して気付かされました。

 

 

 

 

 

 

 

話が分からなくなってきたところで話をまとめましょう。

 

 

 

 

今日は母の日!!!

全ての母なる存在に感謝!!!

ありがとう!!!

おやすみ!!!

またね!!!